忍者ブログ
皆さんの疑問、悩みをすっきり解決します!!質問箱へ急げ!!
フリーエリア

最新トラックバック
(08/04)
プロフィール
HN:
大前伍長
性別:
男性
バーコード

ブログ内検索
[PR]
2018/07/19(Thu) 09:21:10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

元記事(Scientific American:英語)
http://www.sciam.com/article.cfm?id=why-some-smokers-get-lung

神経細胞にあるニコチン受容体の遺伝子(CHRNA)の変異がヘビースモーカーでより高い割合で見られる。この変異によって、タバコへの依存性が高くなる傾向がある。
もし遺伝子の2つのコピーのうち両方に変異があった場合、肺がんになる確率は70%、片方の変異の場合30%増加する。

また、これまで遺伝子の変異がタバコへの依存を強める結果肺がんの発症率が高まると考えられていたが、この遺伝子の変異が、依存度への影響とは独立して発ガン率を高めているようである。
この遺伝子は脳だけでなく肺組織の機能にも役割を果たしているから。

同じニコチン受容体は他の部分、特に胸腺(免疫に重要)での腫瘍増殖を促進するようである。


ニコチンそのものが細胞をがん化させる能力を持っていること、ニコチン受容体遺伝子の変異が発ガン率タバコへの依存を高めること、様々な器官での発ガン率を高めること

PR
この記事にコメントする
<
NAME
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

胸腺ってなに?
BlogPetのエロチュウ URL 2008/04/13(Sun)09:15:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com