忍者ブログ
皆さんの疑問、悩みをすっきり解決します!!質問箱へ急げ!!
フリーエリア

最新トラックバック
(08/04)
プロフィール
HN:
大前伍長
性別:
男性
バーコード

ブログ内検索
[PR]
2017/12/14(Thu) 21:53:31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

条件遺伝子
2007/07/17(Tue) 10:24:09
観賞用カボチャには白(WY)と緑(wy)がある。
また(wY)は黄となる。
今、白と緑のカボチャを交雑すると、F1では白(表現型WY)となるがF1をかけあわせたF2では、白、黄、緑が12:3:1に分離する。

という理屈で黄色のカボチャが出来るのはわかるのですが

飼いウサギの毛色には灰色(G)黒(B)がある。
遺伝子GはBの存在でのみ発現し灰色となる。
このような遺伝子Gを条件遺伝子というのは、まだわかります。

んが、条件遺伝子F2では発現は、灰色、黒、白は9:3:4となるそうですが、参考書を見るとgB型が黒となっています。
でもGはBがあれば発言しますからgBha黒ではなくて灰色ではないのですか?

ああもう自分でも何書いてるんだかわからなくなりました。
コレをばらされたくなかったら、隣の若奥様を尾行してくだしあ><
by足コキ若奥様

A.
gBhaは黒です!なぜなら灰色の遺伝子が劣勢のgだからです。灰色になる要素がありません。所詮この世は弱肉強食。劣勢の遺伝子に表舞台にでる権利はありまえん。細胞内の核膜に囲まれた閉塞空間でじっとしてろってことっす。
GBHAは灰色遺伝子Gと黒色遺伝子が両方揃っているので灰色
GbHAは黒色遺伝子が劣勢のヤツなので、Gも発現することができない結果白色になります。

で、よくストーリーまで調べましたね…
PR
この記事にコメントする
<
NAME
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com