忍者ブログ
皆さんの疑問、悩みをすっきり解決します!!質問箱へ急げ!!
フリーエリア

最新トラックバック
(08/04)
プロフィール
HN:
大前伍長
性別:
男性
バーコード

ブログ内検索
[PR]
2020/03/28(Sat) 18:44:58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わしが学生の頃、大学の教授が学生に聞いたんですよ
「昔、大和朝廷に属さない民族が日本にもいたんだ。わかるか?」

ある女子大生(山口出身)は答えました
「会津?」

普通ここで会津は出ないだろ!w
熊襲とか蝦夷ですよ!!
大和朝廷って言ってるんだから。

幕府側として最後まで抵抗した会津もやはり憎しだったんですねぇ。
語り継がれてるんですよ。少なくとも一部では。


以下もwikiから

1986年に、敵として戦った戊辰戦争から120年を記念してそろそろ和解を、と友好都市提携を萩市が持ちかけたが、会津若松市民の多くが「いまだ時期尚早である」「我々は恨みを忘れていない」として、友好関係の締結は拒否された。
戊辰戦争後、長州藩が鶴ヶ城下に残った2000人以上に上る会津藩士、商人、農民の死体の埋葬を禁じた(放置された藩士や女性、子供の死体は腐敗し、烏の餌になったとされる)件や、戊辰戦争後も山県有朋ら長州閥によって会津の人達が様々な部分で冷遇された事がその原因とされている。会津若松市民の中には、賊軍という理由だけで埋葬を禁じた蛮行についての謝罪が一切無いことに対して、未だ許せないと考える人がいる。現在でも、行政レベル、市民レベルでの交流は幾度と無く試されているが、未だ完全な和解には至っていない。


長州もやりすぎました。
会津としては、松平容保は孝明天皇に気に入られ、当然幕府の要職にもついていたわけで、自分達が絶対正義だったわけですから。
それが幼い明治天皇を要した薩長にぼこぼこにされて、さぞ悔しかったことでしょう。

あ、ちなみに、会津戦争の時、長州軍は間に合いませんでした。
それゆえにますます、戦後の処理がまずくなったのかもしれません。直接戦うことで恨みを晴らすっていうことが出来なかったから。

恨みが恨みを呼んで泥沼です。
時間があったら会津戦争のところ読んでみて下さい。

PR
この記事にコメントする
<
NAME
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com